腸が健康なら体も健康と言える

腸が健康なら体も健康と言えます。どのように健康にしていけばいいのでしょうか

腸が健康なら体も健康と言える

便秘でお悩みの方はとても多いのではないかと思います。最近は、腸の研究の発展により、いろいろな情報が出てきています。いろいろな情報で共通して言えることは、腸の状態を改善することで、免疫力が上がるということです。

腸が健康なら体も健康と言えるということですが、はじめにも言いましたが、便秘の人はとても多いと思います。つまり、腸が健康とは言えず、不健康になってしまっているのではないでしょうか。

現代社会はストレスも多く、腸の状態は悪くなる一方。では、そんな腸をどのように健康にしていけばいいのでしょうか。

ストレスを解消しようとしてもなかなかうまくいきません。逆に意識しすぎるとかえってイライラしてしまいます。脱毛症まで発症してしまっては便秘どころではなくなってしまいます。気軽に腸内環境を整えることができる方法を紹介いたします。

まずは水を多く飲むこと。飲み過ぎてしまうとお腹を下してしまい、余計に脱水にしてしまいます。なので、適量をちゃんと守ってください。その適量は、1.5~2リットルくらいではないでしょうか。食事からも水分は摂取するので、食事の水分量を考慮しながら、水を飲むといいでしょう。さらに、一度に吸収できる水の量は大体決まっているので、よる寝る前に一気に大量に水を飲んでも、大半が尿として排出されることでしょう。1時間にコップ1杯を目安に飲むといいのではないでしょうか。

そして、水分だけでは、腸内環境は整いません。そこで必要なのが、善玉菌です。善玉菌を増やすにはやはり、ヨーグルトといった乳製品が必要でしょう。そして、あわせて、食物繊維をたっぷり含んだ食べ物を摂取すると、より効果的でしょう。なぜなら、食物繊維は、善玉菌の餌となるので、餌がたくさんあれば、善玉菌もたくさん増殖します。そうすれば腸内環境は一気に整うことと思われます。

そして、ヨーグルトを食べるタイミングですが、毎日食べることがやはりいいと思われますが、毎日食べるにしてもどの時間帯がいいかというと、それは、朝と夜がいいでしょう。しかも、朝と夜に違うメーカーのヨーグルトを食べることで、様々な善玉菌を取り入れることができます。そうすることで、腸内環境はますます改善され、免疫力も上がり、健康へとなることでしょう。

カイテキオリゴ

公開日:
最終更新日:2016/04/02